ベランダでみる夢は

「センスある子育て」を目標にクリエイティブなママが奮闘するブログです。

あなたの人生で作り上げたマニュアルを私に押し付けてくるのはやめていただきたい

写真1

私が最近、フツフツと怒りをためていたことがあって、でも言葉に上手くできなかったことを、最近サラッと六コマ漫画で表現してくれた記事をみた。

これを見た瞬間「まさにこれ!これを言いたかったのよ!」と心の中で叫んだ。

kaishaku01.hatenablog.com

この六コマ漫画のまさに三コマ目にいる私が、上記の漫画記事に少し加えて自分の意見を述べようと思う。

結婚したらしたで待ち受けているのは「こどもは?」地獄

結婚する前は「結婚はまだ?」と聞かれることが多かった私。やっと結婚できたらできたで待ち受けているものは「こどもは?」地獄でした。

そんな他人の人生に興味ある?という感じなのだけど、どうやらそういったことを言ってくる人間達には、恰好な出来事なようで。

遠距離を経ての結婚

私達夫婦は遠距離恋愛からの結婚だったから、結婚後は毎日一緒にいれることがそれはそれは新鮮だったし、奇跡のようで嬉しかった。

今まで普通のカップルがしていても私達はできなかったこと、例えば毎週のようにデートするみたいな事をしたかったから、1年間は子供を作らず2人の生活を楽しもうと決めた。

夫婦の決意を知ってか知らずか

そんな私達の内情を知らない会社の人や、知ってたはずなのになぜか「こどもは?」と聞いてくる親戚達に、ひたすらイライラした。中には「欲しいと思ってもその時にできるとは限らないよ」とか言ってくる輩もいた。

ただ一言「ほっといてくれ。」である。

夫婦で決めたことに対して口を出してくれるな

「欲しいと思った時にできない」という事例も知ってるし分かっている。でも私達は2人で過ごす時間を優先したのだから後悔はなかった。

私と夫の中に、「結婚したらこどもは作るべき」みたいな固定概念がなかったし、「もし子供ができなかったら2人で楽しく生きていこう」という覚悟もあった。

こういう考えの夫婦だから、多少イライラはしたが周りの意見に左右されなかった。でも中にはこれらを言われて不安になる人もいるだろうと思った。

結果的に子供はできたが、例えできなくても後悔はなかっただろうし、子供を作れなかった自分を不甲斐なく感じたりしなかったと思う。

子供を作ることが当たり前だと決めつけない

結婚したら子供を作るのは当たり前ではない。だれもそんなことを決めてないし、法律にもない。

いろんな形があっていいし、幸せの定義も人それぞれ。その中で「結婚したら子供を作るべきだ」なんて言い切る人は、自分の作り出した人生のマニュアルを人に押し付けているだけである。

他人のマニュアルは必要ない。私は私達夫婦で今から自分たちのマニュアルを作っていく。心配いらないのでお構いなく!

こどもを産んだら産んだで待ち受けているのは「次の子は?ひとりっ子は可哀想よ」地獄

写真2

さて。一年経って十分2人の時間を満喫した私たちは、子供を作ろうと1日頑張ったら、すんなりできた。

すんなりできたのはいいけど、このブログにも何個か記事にしたように、とにかく私の妊娠生活はトラブル続きで本当に地獄のように感じた。今でもトラウマだし、正直2人目は全く考えられないでいる。

www.veranda-dream.com

www.veranda-dream.com

でもここで待ち受けるのは、「次の子は?ひとりっ子は可哀想よ」地獄である。私はまさに今ここの位置にいる。←イマココ! である。

この私がひとり産んだだけでも大したもんだと思う。逆に褒めてほしいくらいなのになぁまったくもう。

これらを言ってくるのは大抵、子育てを卒業した女性達

自分は兄弟を作ってあげられて、成功したつもりでいるのかもしれないけど、それもまたあなたの人生であり、私の人生ではない。つまり全く関係ない。

私の人生に口を出す権利もなければ資格もない人が、突然「経験」という武器だけを片手に高い位置から物を言い出すのである。そして決まって出だしは「私の時はね…」。

正直おせっかいだとしか思っていません。

ひとりっ子は可哀想なのか?

そもそもここが理解できないのだが、ひとりっ子は可哀想なのだろうか。

中には兄弟を作りたくても身体の都合で作れない人もたくさんいる。その親や子供に向かって、「あなたはひとりっ子なの?可哀想ね 」言えるだろうか。

ひとりっ子で得することだってある。親の愛情は一人にたくさん注がれるだろうし、好きなものも買ってもらえる。「お金がないから大学には行かせられない」と我慢させられることもない。

「兄弟がいないとワガママになる」という言い伝えがあるらしいが、兄弟がいてもワガママ人はたくさんいるし見てきた。

本当にひとりっ子は可哀想なんだろうか。そういった周りの目や意見が勝手に「ひとりっ子は可哀想」なものにしてしまったのではないだろうか。

ひとりっ子だと親の面倒をひとりで見ることになって可哀想だ?

そもそも私は私が年老いた時に、面倒をみてもらいたくて子供を産んだわけじゃないし、みてもらおうとも思ってない。

実はこれ私の両親もこの考えで、子供たちに自分の面倒を見てもらいたくないから、ボケたら施設に入れてくれと言っている。

子供の私達が「はいそうですか」とこの方法を選択できるかわからないが、少なくとも少し安心ではある。

こういうことを平気でいう人は、自分が年老いた時に、面倒をみてもらうために子供を産んだのだろうか。二人目も、その子供の負担を減らすために二人目を産んだのだろうか。だとしたらとても恐ろしいことだと思う。

私は子どもが欲しくて一人目を作ったし、二人目も一人目を作ったような気持ちになったら作るつもりでいる。そうあるべきだと思う。

自分の人生で作り上げたマニュアルを他人に押し付けてくるのはやめていただきたい

写真3

結婚すること。子供を作ること。全て素晴らしいことだ。それは間違いない。

でも結婚しない、子供は作らない、作ってもひとりっ子でいい、と思う人が素晴らしくないかというとそうではない。

こういった様々な形の幸せがあって当然だし、周りもそれを受け止めて見守る。そんな社会にはならないだろうか。

「〇〇した方がよい!」と自分が経験しただけの事を、偉くなったつもりでアドバイスする、こんな恥ずかしいことはないと思う。あなたの人生で作り上げてきたマニュアルは、あなただけのものであり、他の人には当てはまらないし当てはめてはいけない。

人それぞれの生き方を、どんな形であれ受け止めてあげられる、懐の広い世界になってほしいと私は思う。