読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベランダでみる夢は

「センスある子育て」を目標にクリエイティブなママが奮闘するブログです。

【2歳1ヶ月の男の子】身長と体重と言葉や身体などの成長記録

成長記録の写真

やっと2歳になったと思っていたら、そこからすでに1ヶ月経とうとしていることに驚きを隠せません。子どもと一緒に生活していると、時間が2倍速で過ぎているような気がします。

息子は2歳になり、より人間らしくなってきたように思います。なにより私たちと意思疎通が図れるようになってきたので、一緒にいてとても楽しいです。

ということで、今月から息子の成長記録を1ヶ月に1回のペースで記していきたいと思っています。今回は記念すべき1回目、2歳と1ヶ月の息子の成長記録です。

現在の身長と体重

  • 身長は86.3cm
  • 体重は12.3kg

母子手帳の発育曲線によると、身長も体重もごく平均的な数値といえます。まぁ若干身長も体重も真ん中よりは少し上の方といった具合です。

最近息子を抱っこするとズッシリと重く感じていましたが、12kgもあったんじゃそりゃ腕も悲鳴をあげるよな、と妙に納得してしまいました。

10kgのお米の袋より重いんですから。抱っこして階段を上がろうものなら息切れが止まりません。

とにかくすごい勢いで走り出す

マリオカートの「3・2・1・スタート!」の2と1の間ぐらいでアクセルを押すと上手くいくやつ。そう、息子のスタートダッシュがものすごく早いです。こちらが気を抜いている間にやられると、追いつくのに時間がかかってしまうほどのスピードで走り出します。

スタートダッシュもそうですが、どうやら息子は走ることに喜びと楽しさを感じているようです。公園に行った時も遊具には目もくれず、ずーーーーっと満面の笑顔で走り回っています。とにかく嬉しそうです。

母は死にそうになりながらその後を追いかける毎日です。

ずっとジャンプしてる

上手に両足を離してジャンプします。ジャンプするだけじゃなく、そのまま前に進みます。うさぎ跳び状態です。

家の隅から隅までをジャンプで移動することもあります。普通に歩けば早いのに、わざわざ自分を追い込むようなストイックな生活を送っています。

小高い場所からジャンプする時もあります。膝にバネがなく地面に刺さるような着地がすごく痛そうです。でもジャンプあとのドヤ顔はものすごいものがあります。

「これなに?」と聞いてくる

目にうつるもの全て「これなに?」と聞いてきます。彼にとって毎日毎日が新しい世界です。毎日がエブリデイ。

たぶん自分で何かわかっているだろう物まで「これなに?」と聞いてきますが、全ての質問には丁寧に答えてあげるようにしています。

昨日は旦那の股間を指差して「これなに?」と聞いてきたので、「あなたの故郷よ」と答えておきました。

「〜いないねぇ」と言ってくる

保育園から帰ってくると、「せんせい、いないねぇ」と言います。友達が遊びに来て帰ったあとにも「〜ちゃんいないねぇ」と言います。とにかくいない人の確認です。

朝パッと起きて一発目に息子が発した「パパ、いないねぇ」。それをすぐとなりで寝ながら聞いていたパパが思わず「おるわ!」とツッコミ。

そこに居る人も、息子のなかでは居ないことになることがあるようです。

スポンサーリンク
 

「ちがうちがう」と指摘してくる

最初は自分が思い通りにならなかったり、違うことをされたりした時は「イヤイヤ」と言っていたんですが、最近「ちがうちがう」と言い方が変わりました。

息子はイヤイヤ期ならぬ「ちがうちがう期」に突入した模様です。

「イヤイヤ」のほうが口癖としては可愛いですね。「ちがうちがう」とハッキリ言われると、親としては本当に間違っている気がしてなんとなくショックを受けます。

あと息子に「ちがうちがう」と言われるたびに、「♪そうじゃ、そうじゃない」が脳内再生されちゃうのをやめたいです。

英語の歌を歌う

とにかく今ブームなのが英語の歌を歌うことです。その中でも大好きなのが「ABCの歌」。以前このブログで紹介したパンケーキマナーの「ABCの歌」が一番のお気に入りのようです。

「♪エービーシービーイーエフジー…」とBが二回登場してしまう状態ですが、なんとか最後まで歌うことができます。

おしっこやうんちが出たら教えてくれる

「ちっち出た」「うんち出た」と教えてくれるようになりました。

保育園の先生も「そろそろトイレトレーニングをしてみてもいいかもしれませんね」と言っていましたし、私たちもそろそろなんとなくトイレトレーニングをしてみてもいいかなと思っています。

ただ全て「出た」と過去形ですので、もう出ちゃった状態なんですよね。これが「出る」とこれから起こる出来事を教えてくれるようになると、オムツも早くに取れるのだと思うのですが。

それと「ちっち出た」と言われてオムツをみるとウンチが出ていたり、その逆も何回かあるので、もう少し下半身の感覚が鋭くなってきてからでもいいかなとも思っています。

下半身の感覚て(笑)

まとめ

2歳1ヶ月、我が家の息子の成長記録でした。

活発に活動するようになったことに加えて、言葉も多く出るようになってきましたし、私たち親とのコミュニケーション楽しめるようになってきました。

また1ヶ月見守ってみて、来月もたくさんの成長を報告できたらいいなと思っています。

以上こりのろっさでした。チャオ!