ベランダでみる夢は

「センスある子育て」を目標にクリエイティブなママが奮闘するブログです。

帰省土産におすすめ!阪急うめだ本店限定の柿の種「TANEBITS」の魅力

どうも、こりのろっさです。

年末に帰省する予定の方は、毎年この時期になると帰省土産選びが大変ですよね。

私の実家は正月からありえないほどの酒を飲む家族でして、毎年帰省土産には日本酒を持って行っていたのですが、今年は逆に酒に合うつまみを買って持っていこうということになりまして、こちらを購入してきました。

亀田製菓のプレミアムな柿の種、その名も「TANEBITS(タネビッツ)」

この柿の種、普通にスーパーで売っている柿の種とは味もパッケージも全く違ったのものになってます。

TANEBITS(タネビッツ)は阪急うめだ本店でしか購入できない

この亀田の柿の種、TANE BITS(タネビッツ)は阪急うめだの本店限定商品です。

阪急うめだ本店へのアクセスはこちらからどうぞ。

関西限定の商品ということであれば、我が家がある関東には売っていないお菓子ですので喜ばれること間違いなしです。

平日に行けば並ばなくても買うことができた

人気の商品なので休日はかなりの列ができているようですが、平日に買いに行った私は並ぶことなく買うことができました。平日に買いに行くことをオススメします。

TANEBITS(タネビッツ)は4つの製法で作られている

このTANE BITS(タネビッツ)は「焦がす」「揚げる」「燻す」「漬ける」という4つの製法で作られています。

まぁ「焦がす」 と「漬ける」はなんとなく想像がつきますが、「燻す」と「揚げる」が想像出来なかったんですよね。

店舗で実際にみた時にも、この揚げた柿の種が1番インパクトがありました。どんな食感なのか、とても気になるところです。

TANEBITS(タネビッツ)は7種類の味がある

f:id:korino_n:20161222213005j:plain

焦がす製法の「焦がし醤油」、揚げる製法の「から揚げ」、揚げる製法の「天ぷら」、燻す製法の「さくらスモーク」、漬ける製法の「たまり二度漬」、漬ける製法の「チーズ醤油」の6種類と、白トリュフ塩仕立てのピーナッツがあります。

全体的に大人向けの味付けになっていますよね。

やはり注目は揚げる製法の「天ぷら」でしょうか。どんな味がするんでしょう。それと白トリュフ塩仕立てのピーナッツ!!!想像するだけでヨダレがとまりません!!!

食べてみたかったのに試食がなかった!

非常に残念なのですが、試食コーナーが設けられてなかったんです。これだけ色々な味があるのですから食べ比べてみたかったのですが、ないものはしょうがないですね。まぁ食べてからのお楽しみということで、正月に食レポを書きます!

TANEBITS(タネビッツ)のパッケージは高級感がある

f:id:korino_n:20161222213036j:plain

お土産に持っていくものですから、パッケージは大事ですよね。

このTANE BITS(タネビッツ)のパッケージはとても高級感がありますし、本の形をしていてとても可愛いです。まるでクッキーが入っているかのような外観です。

これなら女性に買っていっても違和感ありません。まさかこの中に柿の種が入っているとは思いもしないだろう…ふふふ。

普通の柿の種より割高

1箱に4袋入っていて540円と、普通の柿の種よりはやや割高です。

1箱から買うこともできますが、家族や大事な人に買うのなら3箱入のギフトボックスか、6箱入りのギフトボックスをお勧めします。

私は親戚にはこの単品を2箱ずつと、実家用に6箱入りのギフトボックスを購入しました。このギフトボックスも6種類好きな味を選ぶことができます。

まとめ

試食がなかったので味を確かめることはできなかったのですが、とにかくインパクトがあって、早く食べてみたいという気持ちになりました。

今回実家用に6箱入のものを購入したので、帰省した際には食べて味などをまた報告したいと思っております。

遠くに住んでいる、または何かの理由があってタネビッツを買えないって方はこちらをどうぞ▼

アディオス!