細野渓流キャンプ場【キャンプレポ】

スマイルランタン

私と夫と息子、そして親戚達と一緒にキャンプデビューしてきました。
その記念すべき場所となったのが『細野渓流キャンプ場』です。
今回はそのキャンプデビューの場所となった細野渓流キャンプ場のレポートをお送りします。

細野渓流キャンプ場について

場所

細野渓流キャンプ場は和歌山県紀の川市にあります。

かなり山奥に入っていくし、なかなか着かないし、看板も出てないし、そう言ってる間になんか民家に降りてきちゃったし…ってことで途中で「この道で本当にあってるのか…」と心配になるのですが、そう思った頃にようやく入り口が見えてホッとする、そんな場所にあります(笑)

我が家は事前に下見に来ていたので大丈夫でしたが、初めて来ていたならおそらく途中で「看板を見落としていたかも」と思って引き返していたと思います。この場所はauのiphoneは電波が届いていなく、調べようにも調べられなかったので、心配な人は事前に場所をしっかり調べておいたほうがいいです。

環境

今回はオートサイトに泊まったので主にオートサイトの情報ですが、細野渓流キャンプ場をざっと説明するとこんな感じです。

  • チェックイン:15時 チェックインアウト:14時
  • サイトは「川沿いオートサイト」「グランドオートサイト」「バンガロー」の3つ
  • キャンプ場横には川が流れており、川遊びをすることができる
  • コインシャワーのみ
  • トイレは水洗で綺麗に掃除されていて、トイレットペーパーあり
  • 炊事場は掃除されていて綺麗
  • ごみ捨て場があるため、ゴミは全て捨てて帰れる
  • サイトの硬さはやや硬め
  • 犬も川沿いオートサイトはOK(ただしリードに繋いでおくことが条件)
  • 川沿いのオートサイトには電源あり
  • 費用4,720円(入場料+オートサイト利用料)

その他の詳しい情報は公式のHPで確認してみてください。

行ってきた日時と季節

細野渓流キャンプ場夕方

8月の真夏に行ってきました

8月5日〜8月6日で一泊。親戚の子ども達が夏休み中でお休みということもあって真夏に行く事になりました(私は正直嫌だった…笑)。

真夏にしかも関西でキャンプするのは始めて経験でしたが、はっきり言って「暑い」の一言でした…。多分この季節にこの場所でキャンプすることは二度とないと思います。それくらい暑かったです。

温度は?

  • 15時頃:36度
  • 17時頃:27度
  • 21時頃:20度

キャンプ場に着いてテントを張り始めたのがちょうど15時半頃でしたが、その時の外気温は36度でした。テント内は45度近くあってサウナ状態!『滝のような汗』というのはまさにあのことを言うんでしょう、とにかく汗が止まらなくて困りました。

日が沈んだ夕方頃からだんだんと気温が下がってきて、寝る前には気温が20度まで下がりました。日中との温度差は16度!!!体調を崩さないように、気温に合わせた服装をいくつか用意していくほうがいいと思いました。

服装は?

日中は半袖半ズボンで充分。というかこのくらい薄くないと暑い!虫に刺されるなんて言ってられないほど暑かったので、夕方になるまで半袖半ズボンで過ごしました。思っていたより虫も少なく、蚊取り線香と虫除けだけで刺されることはなかったです。

夕方からはだいぶ涼しくなったので短パンの下にレギンスを履いて、寝る時もこのままの格好で寝ました。寝る時もタオルをお腹にかけるくらいで十分眠れるくらい快適でした。

実はこの日まさかのパンツを忘れるというミスを犯しまして、洗って干している間ノーパンで寝るという自体に陥りました。ノーパンでも快適に眠ることができましたが、パンツあるに越した事はないです(当たり前です!)。忘れずに持って行きましょう!

キャンプ場の感想

細野渓流キャンプ場6番サイト

サイトの様子

狭い狭いと言われていたオートサイトですが、テントファクトリーダブルドームテントという全長が585cmの長い我が家のテントも、すんなりとサイト内に張ることができました。

今回は5・6・7番サイトを予約して、私たちのテントは6番サイトに張っています。サイトによって大きさがまちまちなので、一番奥の狭いサイトだったらもしかしたら入らなかった可能性もあります。心配な場合は予約する時に広さを聞いたほうがいいかもしれません。

川の様子

渓流キャンプ場の川を見つめる

魚もいましたし沢ガニも捕る事ができました。

川の深さもそこまで深くなく流れも穏やかですが、オートキャンプ場前の川はところどころ流れが早く、小さいお子さん一人では危ないかもしれません。しかもオートキャンプ場前の川へ降りる階段が急なため、これもまた小さいお子さん一人だと危険だと感じました。

総合的な感想

トイレも炊事場もキレイだったし、シャワーも快適だったし、施設的には言うことがなかったのですが、川沿いのオートサイトはグループキャンプには向いてないサイトかもしれません。サイトが植木で仕切られているので行き来が大変でした。グループキャンプの場合はもうひとつのグランドオートサイトがいいのかもしれません。

それから川沿いのオートサイト前の川は泳げない仕様だったのが残念でした。バンガロー前あたりの川は降りる階段もそこまで急ではないし、川も穏やかなので泳いでるお子さんが大勢いましたが、なんせ川沿いのオートサイトからその場所まで歩くと少し距離があるので大変です。結局川沿いのオートサイト前の川では泳ぐことはせずに、子どもは魚を捕ったりカニを捕ったりして、また大人は足をつけるなどして涼しみました。

それと川がそこまで綺麗じゃなかったことと、川の水があまり冷たくなかったことがマイナス点ですかね。それでも魚はいましたし沢カニも取れたし子供たちは大喜びでしたが、清流を期待して行くと残念に思うと思います。

キャンプの感想

花火の様子2

たき火2

夜空1

真夏のキャンプはかなりの暑さでトラウマになるレベルでしたが、なにより子ども達が楽しそうだったので良かったです。夕方になれば涼しく快適でしたし、テントの中でも快適に眠ることができたのでそこそこ満足はしています。

もちろん夜はたき火をしましたが、暑かったので早めに撤収しました(笑)そのかわり星がキレイに見えていたので、星の撮影などをして過ごしました。

自然を大いに感じられるキャンプ場なので、お子様と行くにはいい場所だと思います。ただ真夏は避けた方がいいかもしれません。この場所では蛍を見る事ができるそうなので、夏のはじめ頃に蛍を見ながらキャンプするが最高だと思います。

今回キャンプに持っていったオススメギア