マキノ高原キャンプ場の高原サイトは難民キャンプ!?【キャンプレポ】

マキノ高原キャンプ場風景

今回は、私たち家族3人とお義父さん・お義母さんの計5人でキャンプへ行ってきました。

前回の『ハイマート佐仲でオシャレなキャンパーに囲まれてキャンプをしてきました【キャンプレポ】』で高原サイトのよさを味わった私達は、今回も高原サイトが有名な『マキノ高原キャンプ場』へ行く事にしたのですが、結構散々なキャンプになりましたので、余すところなく全てレポートしたいと思います。

マキノ高原キャンプ場の場所

マキノ高原キャンプ場は滋賀県高島市にあります。

場所は比較的簡単でわかりやすい場所にありますし、auのiphoneでは十分に電波がありました。途中で道に迷ってもスマホで道を調べられます。

しかし!大阪方面から行くとすると、湖西バイパスを通って行く事になると思うのですが、土日はこの湖西バイパスがめちゃくちゃ混みます!これ要注意です!

我が家からマキノ高原までは、普通に行って2時間弱で着く距離なのに、今回3時間半かかりました(^_^;) ちょうど9時過ぎくらいにこの湖西バイパスに入りましたがとにかく激混みでした。休日にこの道を通るならもう少し早い時間帯に出るか、京都の市内を通る道から行く方がいいかもしれません。

マキノ高原キャンプ場の環境

マキノ高原キャンプ場風景

今回は高原サイトに泊まったので主に高原サイトの情報になりますが、マキノ高原キャンプ場を簡単に説明するとこんな感じです。

  • チェックイン:13時 (混雑時は10時と早まることがある。公式HPでチェック!)
    チェックアウト:12時
  • サイトは「林間サイト」「高原サイト」「広場サイト」「展望サイト」「川サイト」「森の隠れ家サイト」「第2キャンプ場」の7つ
  • 温泉施設、お食事処あり
  • 高原サイトは予約なしで当日行ってもOK(混雑時は予約しておいたほうがよい)
  • 高原サイトは傾斜あり
  • 高原サイトのトイレは水洗でまぁまぁ綺麗、トイレットペーパーあり
  • 高原サイトの炊事場は屋根なし。ゴミがつまっていてあまり綺麗とは言えない(翌朝にはキレイになっていたけど)
  • ごみ・炭は全て捨てられる
  • サイトの硬さは普通
  • 林間サイト以外はペットの持ち込みOK
  • 電源なし
  • 費用4,500円(テント1張り・タープ1張り・車1台分)+2000円(義両親用テント追加分)
詳しい情報は公式のHPでチェック! >>> 『マキノ高原』|キャンプ|スキー|グラウンド・ゴルフ|マキノ高原温泉さらさ|レストラン|滋賀県|高島市|マキノ町

マキノ高原キャンプ場に行った日時と季節

マキノ高原キャンプ場高原サイト1

10月に行ってきました

10月8日〜10月9日で一泊。秋キャンプが楽しめる…そう思って行ったのですが、これまた日中は暑かったです…。

今回も天気に恵まれ晴天でしたが、その分日中は暑くてテント設営時は汗だくでした。

温度は?

  • 12時頃:30度
  • 18時頃:17度
  • 21時頃:16度
場所を決めて荷物をおろして、テントを張り始めたのが12時頃でしたが、その時点で外気温は30度でした。しかし今回は風が良く吹いていたので、暑いなりにも我慢できた感じです。

日が沈むと気温が下がって17度までさがりました。ただそこから寝るまであまり気温は下がらず、寒くもなく暑くもなくちょうどいい気温でしたね。日が沈んでからはとても快適でした。夜の方が秋キャンプを満喫できた感じです。

服装は?

10月ということもあって、さすがに半袖は持って行かなかったのですが、日中は半袖半ズボンで充分でした。とにかく暑かったです。
日が沈んでからはグッと寒くなったので、七分のロンTにフリースを羽織って、スエットのパンツに履き替えました。幅広く対応できる服装を持って行くのがいいと思います。

夜は裏起毛のスエットズボンと上はフリースとロンT、それから靴下も履いて寝ました。それにシュラフ1枚と毛布をかけて寝ましたが、暖かく(むしろ暑いくらい)眠ることができました。

マキノ高原キャンプ場の感想

マキノ高原キャンプ場テント設営1

マキノ高原キャンプ場テント設営2

サイトの様子

ただ単にスキー場の高原をオフシーズンに活用しました、という感じです。

とにかく思っているより傾斜がきついという印象です。え!?こんなに斜めなの!?と最初驚きました。
芝もキレイに整えられている感じもしなく、良くも悪くもただの高原です(笑)

温泉風呂の様子

このキャンプ場には入り口に温泉施設があって、お金を払えば入浴することができるのですが…正直混みすぎです!小さい子ども連れとなるとだいぶキツいものがあると思います。

早めの時間(15時半頃)に入浴に向かったにも関わらず、入り口にはすでに列ができていました。そして洗い場が少ないため、洗うにも裸で列に並ぶはめに…。子どもは飽きるし暴れるしで最悪でした。

キャンプ場の規模に対して、入浴場の洗い場の絶対的な数が足りていないという印象です。

全体的な様子

マキノ高原キャンプ場風景

難民キャンプですね(笑)そんな感想しかありません。

芝の状態も悪いし、傾斜もきつい。3連休の中日にいったということもあって、サイト内は激混みでした。隣との距離も近いし、高い場所からみた風景はまさに「難民キャンプ状態」でした。

それから思っていたよりトイレが綺麗じゃなかったのが印象的です。それから高原サイトの中にぽつんとある屋根のない炊事場も、とにかく混んでいるし、排水溝はつまってて汚いし、あまりいい印象はもたなかったです。

圧倒的にお客さんの数が多く、施設や設備がそれに間に合ってない、足りていないといった感想を持ちました。平日に行ったらきっと快適なんでしょうね。

キャンプの感想

とにかく今回のキャンプは朝に渋滞にハマるところから始まって、せっかく10時からオープンしていたのにそれに間に合わずに12時過ぎに到着。そのせいでテントを張る場所があまり残っておらず、傾斜がまぁまぁある場所にバラバラに設置するはめになり、そこから全てが遅くなってしまって、キャンプを満喫できずに終わってしまった気がします。

マキノ高原キャンプ場朝日

全体的に慌ただしかったキャンプですが、唯一すごく良かったことは朝に見れた朝日です。もう最高にキレイでした。
夜に食べた鍋が体を温めてくれて最高に美味しかったのもよかったし、夜に焚き火をしながら見たお月様も綺麗でしたが、今回のキャンプの一番の収穫はこの朝日でしたね。このためにキャンプしてるなって実感しました。

今回は「高原サイト」での一泊でしたが、色々歩き回ってみると「広場サイト」または「展望サイト」が傾斜もなく静かで過ごしやすそうな感じがしたので、次回はどちらかでリベンジしてみたいと思います。たぶん今後高原サイトに泊まることはないでしょう。難民キャンプはこりごりです(笑)

今回キャンプに持っていった主なもの

Tomshine ソーラー充電式 LEDライト

夜になって子どもがテントのガイドロープに足を引っ掛けないようにするために、ガイドロープの位置を知らせるライトを購入しました。テントを程よくライトアップしてくれるので、転倒防止にもなりますし、イルミネーションとしても使えます。

(YOUDEAR)ユーディア イルミネーションライト

こちらは夜のイルミネーションのためにだけ購入しました。電球が小さいので点灯した感じもとてもオシャレで可愛かったです。

キャプテンスタッグウォータータンク

今回炊事場が遠そうだったので、購入して持って行きました。手を洗ったり野菜やお皿を洗ったりと重宝しました。