妊娠中に風邪を引いてしまった!私が今している8つの対策

マスク

あなたはどこから?私は鼻から!こりのろっさです。
くしゃみが止まらず身体もダルいしなんとなく喉も痛い…

なんと風邪を引いてしまいました…

妊婦中は免疫が弱くなり風邪を引きやすく悪化しやすいです。普段なら「はやめのパブロン♪」で済むところを、ただいま私妊娠6ヶ月。市販薬は飲めません。熱が出る前になにか対策が必要だと感じました。

会社を休む

社畜体質の私ですから、通常でしたら風邪ごときでは仕事を休みませんが、今は自分ひとりの身体ではありません。お腹にもう一人の命を抱えています。

ただでさえ妊婦ということで会社では肩身の狭い思いをしていますが、ここは思い切って完治するまで仕事はお休みします。

通っている産婦人科へ電話する

たかが風邪とあなどってはいけません。風邪自体は赤ちゃんへの影響はないそうですが、高熱が出てしまうと羊水の温度も上がってしまい、これが続くと赤ちゃんへの影響が心配されます。

産婦人科へ電話すると「風邪が酷くならないうちに今日にでもこちらへ来てください」と言われました。

診察はありませんでしたが、漢方を処方されました。漢方は赤ちゃんへの影響もなく、風邪の初期症状にこそ効果があるようですので、まずは早めに産婦人科へ連絡することをオススメします。

漢方小青竜湯

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)
水様の痰、水様の鼻水、くしゃみ、喘鳴、せき、なみだ目などの症状に用いられる。

とりあえずこの漢方を朝晩食前に飲みます。

水分をたくさん摂る

風邪の菌を早く外に排出するために水分をたくさん摂っています。飲み物はビタミンCが入っているものを選びました。妊娠中は糖分が気になるので、カロリーオフのものを選んでゴクゴクと飲んでいます。

生姜で体を温める

妊娠中は生姜を摂取しにくいです。最強の飲み物ジンジャーティーがカフェインのせいで飲めないからです。

ここでホットジンジャー湯の登場です。

すりおろした生姜 小さじ1
はちみつ 小さじ2
レモン汁 小さじ1

これをお湯で割ったものをグビーッと飲んでいます。身体もポカポカです。

栄養のある食事を摂る

体を芯から温めるような食事を摂っています。消化のいいものが体の負担にならずにいいようです。今日は野菜たっぷりの煮込みうどんにしました。

うがいをこまめにする

ただしヨード系のうがい薬は使ってはダメ!です。今日まで知りませんでした。マタニティー用アカウントで「イソジンでうがいしよう」と呟いたら「使ってはダメ!」と、とても優しいフォロワーさんが教えてくれました。ツイッターやっててよかった。

イソジンの中に含まれるヨードが胎児の甲状腺機能の低下を引き起こす可能性がある

私は紅茶や塩水でのうがいをすることにしました。3時間ごとに喉のうがい、鼻うがいをしています。

十分な睡眠をとる

ブログをアップしている場合ではありません。わかっています、これが一番身体に悪い。寝ます。

夫にうつす

まだしていませんが、これは最終手段です。私は薬を飲めませんが、夫はいくらでも飲めます。最悪の場合風邪をうつし、夫に治してもらおうと企んでいます。ただし共倒れとなるパターンもあるので注意も必要です。

さて何日で治るんでしょう…まずは寝ます!
アディオス!